関東地方へ転勤する場合 | 車を売る際の書類と手続きは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関東地方への転勤が決定。そして今ある車は必要ないので売りたいと考えた時、いろいろ疑問や悩みが出てきます。とくに売る際の書類とか手続きはどうすればいいのか?と言ったことが気になります。ここでは車を売る時の書類の詳細と手続きを解説します。


dankichi2

 

車を売却する際の必要な書類

クルマを売り渡す時には多くの書類などが必要となり、必要な書類に不足が見つかればクルマを売るということが出来ません。なのでスピーディーに必要書類等を備えて、効率良くクルマを売却できるようにしておきたいですね。

売却する際に必ず必要となる書類など

自動車検査証(車検証)

車の検査証(車検証)は国土交通省の作成する自動車検査(車検)に通った時点で交付される証書を意味し、公道を運転するうえで必ず携帯しておかなければならない書類です。

車検が残った場合や一時抹消登録(廃車)を行っていない場合、自動車検査証(車検証)は絶対必要ですので、もし紛失、盗難等で無い時は運輸支局(陸運局)で再交付してもらってください。

自賠責保険証明書

自賠責保険納入証明書は、クルマを公道で走らす時に絶対入らなければならない自動車保険の加入証明書のことを言い、車検時に自賠責保険にも加入するはずですので、車検が残存しているクルマを売る際には必須となる書類です。

もし紛失しているなら、加入している保険会社に伝えて再交付してもらいましょう 。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は1年ごとに運輸支局に記載された自動車(軽自動車を除く)所有者に対し課税される自動車税を納付したということを証明する書類を指し、クルマを売る場合には着実に必要です。

自動車税は毎年5月中旬以降に納付書が送られて来ますので、納付したのであれば大事に保管しておくようにしてください。自動車納税証明書を失くしているなら、各都道府県の税事務所(運輸支局内にあります)で再交付してもらってくださいね。

*軽自動車については、「軽自動車納税証明書」が必要です。

実印

クルマを売却する際に必要となる「譲渡証明書」に捺印しますので、売却時には所有者の実印を準備しましょう。

印鑑証明書

「譲渡証明書」に押印するために、クルマ売却時には実印が必要ですが、その印鑑が実印だということを実証するための「所有者の印鑑登録証明書1通(発行後3ヶ月以内)」がクルマを売る際には必要です。

まだ印鑑登録が済んでいないなら、あなたが暮らしている各市町村役場で依頼すれば簡単に印鑑登録することができます。*印鑑登録証明書は普通1通いりますが、状況次第で2通要る可能性もありますので、予め確かめておくべきですね。

譲渡証明書

譲渡証明書は、クルマを譲渡、名義変更する上で必ず必須となる書類のことで、買取専門店や下取りに出すとしたらディーラーや買取業者が準備してくれていますのであなた自身が用意することはないのです。

ですが個人同士でクルマを売買するのでしたら運輸支局(陸運局)等でもらうことができます。

場合によって必要となる書類

住民票

車検証に記されている所有者等の住所と、印鑑登録証明書に記されている住所が違う場合は、本人同一性の認証のために車検証の住所と現住所への関連性を把握できる住民票が必要です

所有権解除書類

ローン(クレジット)でクルマを買って、車検証の所有者の欄が「ディーラー・販売店・ローン会社」等にされているケースでは、「所有権解除書類」が必要となります。

委任状

委任状は買取り店やディーラーが準備してくれますので、その委任状に署名捺印(実印)するだけで良いです。

車を売る際の手続き!

必要な書類は理解できましたか?

次のページから売却時の流れを中心に手続きなどを解説しています。売る時の基本的なことから説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

・・・・・・・・「売るときに知っておくべき知識」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。