転勤で車を売却する | 買取前にそろえておきたい必要書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転勤が決まり今ある車を売却する際にどうしても手続きや商談など、時間と手間がかかってしまいます。なので、できるだけスムーズに事が進むように事前に書類を揃えておくことは何かと効率化につながると思います。そこでこのページでは買取前に揃えておきたい書類を解説します。どうぞ参考にしてくださいね。


dankichi39

 

買取前に揃えておきたい6つの書類

クルマを売る時には、様々な書類が必要です。それらを事前に揃えておくことで、クルマの買い取り手続きはスピーディにできます。

「委任状」や「譲渡証明書」等は、クルマ買い取り業者で準備してくれますが、一応必要書類は前もって確かめておきましょう。

(1)実印

小型&普通車は移動登録が必要なため、発行されてから3か月以内の印鑑証明書を準備します。

クルマを手放すユーザーは、印鑑証明に登録された実印を用いて、譲渡証明書に押印しましょう。

買い取り業者等に売った時は、移転登録を頼むことが多いため、譲渡委任状にも押印することが必要です。

なので契約をするときは、実印も準備しておいた方が良いです。なお、軽自動車は認印でOKです。

(2)印鑑証明書

市区町村が証明する実印の登録証書。

クルマの購入した時も使用したはずです。有効期間付のため、発行日から3カ月以内のものが必要とされます。

クルマの買取の時には委任状、譲渡証明書に実印を使うため、実印の登録を証明するためになくては困ります。

(3)自動車検査証(車検証)

売り渡す時に要する書類には、小型&普通車、軽自動車に関係なく自動車検査証(車検証)があります。

クルマに常時備えていることになりますので、労力をかけて取り寄せることはありません。

ただディーラーローンの支払いが終了してなかったりすると、所有権が留保されており、所有者の名義が販売店等になっていることになります。この際には移転登録のために所有権を解除することが求められ、別途、手間暇を要されます。

(4)自動車税納税証明書

自動車納税証明書も添付することが必要です。自動車税、または軽自動車税が納められてあるということを証明する書類で、新たに車検を取る場合でも必要です。

納税証明書には有効期間があるので気をつけください。失くした時は各都道府県の税事務所で再発行してもらうことになります。

(5)自賠責保険証

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険証明書も必要とされます。自動車検査証と併せてグローブボックスなどの中に収められていることが大半です。

この期日が経過しているとクルマを手放すことは不可能です。失った場合は保険会社に再発行して貰うことが必要ですので、クルマ買い取り業者に相談しましょう。

(6)リサイクル券

自動車リサイクル法に基づいたリサイクル料金が支払われてあるということを証明する書類です。こちらも車検証と一緒に管理されていることが多いものです。

紛失したときは、自動車リサイクルシステムのネット経由で『自動車リサイクル料金の預託状況』を印刷すると、その書面がリサイクル券の代わりになります。

 

上記が必須の書類なのですが、自動車検査証に記載されている住所と印鑑登録証明書の住所が相違するケースでは、住民票も添付しましょう。

結婚したりして名字が異なる場合でも住民票を忘れてはいけません。買い取り業者などにクルマを売り渡すことが決まった時点で、従業員に要する書類を尋ねておきたいですね。

そしてクルマの価値は時間の経過に比例して落ちますので、書類を集めるのが遅いと、新たに査定をやり直しすることになります。そうなってしまうと査定金額も下落しますから、書類はいち早く揃えたいですね。

 

査定額をなるべくアップさせるための買取店選び!

クルマを手放す時は「どうせ車を売るならなるべく高く売りたい!」と誰でも考えます。

でも、やみくも売却しても叩かれて安価の見積もりを提示されて終わってしまします。

クルマの買取の基本的な知識として、まず「どういったお店を選ぶべきか?」ということが重要になってきます。

そこで次では「買取してもらうお店選び」の知識を具体的に解説しています。

参考程度でも目を通しておく価値はあると思いますので読んでみてくださいね。

 

車査定アップのための買取店選び』へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売りたい愛車の『現在価値』を知る!

過走行・不動車・故障車・廃車・事故車など「もう価値がない!」と思っていても意外と高く買取してもらえます。

『あなたの車が今、どれくらいなのか?』

知っておいた方が次の買取店との交渉や相談にも多分に役に立ちます。

また、『知っているか』『知らない』かで査定額に10万円以上の差があることも多々ある業界です。

車の価値を知るためには「無料のネット一括査定」が一番効率的。

次で紹介するのは『利用者数が日本最大』で、実績もあり信頼できる唯一のサービスです。

 

*実際に申し込んだ体験談レポートも参考に・・・

 


もう少し詳しく見る⇒

SNSでもご購読できます。