転勤で都会へ引っ越し | 車が車検なら売る方がお得 ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車が必要ない都会への転勤が決まり今乗っている車を持っていけない状態で、なおかつ車検の期間も迫っている。そして、なるべく経済的に良い方法があれば知りたい。そのような状況の場合、「車はどうすればよいのか?」と悩んでしまいます。そこで、ここでは転勤と車検が重なった場合の対応方法を経済面の視点から解説します。


dankichi8

 

転勤で引っ越しと車の車検が重なった場合

「戻ってきた後、また乗りたい!」

何年か後に今の場所に戻り車に再度乗りたい状況の場合、車検は通さず一時抹消という手続きをして車を保持するのが経済的にも適しています。乗らないのに車検だけ通すとなると「車検代+自動車税」が余計にかかります。

なので得策としては一時抹消が良いです。ただ、車検切れになりますので今度乗りたいと思った時に再度、車庫証明をとらなければなりません。その時は「車検代+1万円ほど」かかります。

そして、メリットは自動車税の還付(返金)を受けることができますので手続き時にしっかり確認してください。また、次の年度から自動車税も払わなくてよくなります。ちなみに何もせず車を放置した場合でも自動車税の請求は必ず来ますので、放置はやめた方が良いですね。

一時抹消とは・・・・一時的にクルマに乗るのを中止する場合におこなう手続き。正式な名前は、「一時抹消登録」といい、手続きをする所は、今の住所(使用本拠)を管轄している「運輸支局」です。やり方などは電話などで詳しく教えてもらえます。

*一時抹消は廃車の種類に入ります。廃車について具体的に解説していますので参考にしてもらえれば幸いです。

・・・・・・・・「廃車手続きの種類」へ⇒

「戻ってきた後も乗るつもりはない!」

今後乗るつもりはない。つまり車を手放す場合、親族や友人・知人に譲渡するなら話は別ですが、そうでないなら買取店へ売るのが得策と言えます。

売ることで引っ越し費用に加算されます。そして、これまでかかっていた維持費もういてきます。なので経済的観点から見ても買取専門店に査定してもらいましょう。

*当サイトでは買取の基本的知識を解説しています。こちらも参考にしてくださいね。

・・・・・・・・「車買取と査定の基礎知識」へ⇒

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。