低年式で過走行車を買取してもらう!少しでも高く売るには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車を売りたいけど、低年式でしかも過走行な車の場合、「少しでも高く買い取ってもらえないか?」といろいろ検索するかと思います。ここでは過走行と低年式について解説し、それぞれの買取店の評価はどうなのかということも説明します。


dankichi15

 

「低年式・過走行車を少しでも高く売る手段は?」

低年式のデメリット

まずはそれぞれのデメリットを知りましょう。古いクルマを「車は10年落ちになると粗大ゴミと同じ」と評価する人がおります。

しかし、「最近のクルマは10年落ちでも以前と違って性能が良いので故障する不安がない」と評価する人もおります。

個人的には、どちらも正解だと思います。 普通乗用車の資産価値は法定耐用使用年数で6年となっており、現実的には減価償却で毎月減少し、6年後には資産価値が0というわけです。

下取や買取で査定の場合は年式が1つの基準にされてますので、いかに丁寧に乗車していても低年式ではその事実だけでクルマの価値が下がるといえます。

低年式で走行距離があるクルマの場合、エンジン機関に問題がなくても消耗品の劣化が生じます。

主にゴムを使っているパーツで、およそ8~10万㎞走行するとファンやエアコン類のベルト、タイミングベルトも取り換え時期となっています。

他にもドライブシャフトやタイロッドのブーツ類があります。またバッテリーやプラグ類など電装系にも支障が発生する時期となります。

つまり、今後のリスクが価値を下げているわけです。

過走行のデメリット

過走行の基準は年式と走行距離数を比べた時、年間走行距離が1万~1万3000kmを過ぎている車のことをいいます。

そして、車を購入する側としては過走行はすぐに故障するというイメージから避けたいという人は多いです。

一方で国産車は耐久性に優れていることを認識している人は低価格の過走行車を狙って購入する人もいます。

なので、今は昔と違い過走行車でも十分需要があるので、売る際には過走行のデメリットはあまり気にするところではないです。

では、各店舗の低年式過走行車の評価はどうでしょうか?

 

「ディーラーや販売店の評価」

一般的に低年式の過走行の場合は、ほとんど廃車として扱われます。なのでディーラーや販売店は廃車にする事業はしていないので、業者に外注依頼します。

なので中間マージンが発生し、あなたの車の価値は0円もしくは有料となる場合もあります。

もし、買い替えで下取りにと考えているならやめておいた方が良いです。

「買取専門店の評価」

ここではケースバイケースで、自社工場を所有している所は評価が高いです。消耗品などの交換をローコストで出来るためです。

なので、低年式の過走行車を得意とする買取専門店を探し出すことが高価買取のカギと言えます。そのようなお店を一店舗ずつ回るのは時間と労力がかかります。

ちなみにオススメは「ネット無料一括査定」を活用して上述したお店を探し出すという方法です。

 

「廃車買取専門店の評価」

「どこに出しても0円だった」など、どうすることもできない車の場合は廃車買取専門店の評価は高いです。

こちらでは解体して、車体は資源としてエンジン部やパーツなどは部品どりなどでリサイクルしていますので、あなたの車は十分価値があります。

なので、愛車がそのような状態なら、あきらめず廃車買取専門店に査定依頼してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過走行車の査定額を簡単に上げるには?

ディーラーで『あなたの車は0円です。』と提示され諦めていませんか?

『どうせ、高く売れない!』とそのままディーラーなどに下取りに出そうと考えていませんか?

過走行車でも必ず査定金額はUP↑します!!

その具体的方法を次でお伝えしますので「損をする前に」ぜひ読んでくださいね。

 

『過走行車でも査定金額を簡単に上げる方法』

  • なぜディーラーより査定額がアップするのか?
  • ○○店と○○店の見積金額を比較!
  • ○○査定サービスを活用して高く売る!
  • ○○査定サービスの体験レポート!

 

 


詳しく見てみる⇒

SNSでもご購読できます。