修理車を査定してもらう | 過去に事故した車の価値は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そろそろ車を売りたいけど、「過去に事故で修理した車はどれぐらいで売れるのか?」事故した車を所有する誰もが考えることです。ここでは、修理車の価値基準と買取相場を知る方法を解説します。


dankichi3

 

過去に事故した車の価値は?

「価値基準は大きく分けると4種類ある?!」

基本的な査定において車は次の4つに分けることができます。1:「無事故者」2:「事故車」3:「修理車」4:「修復車」です。次からそれぞれ解説します。

1:無事故車とは

その名の通り事故など一切していない車です。原則的に無事故車は売る際の査定への影響はないです。

2:事故車とは

マイナス査定になってきます。事故車においては、事故を発生させた時点で修理をしてもしなくても、事故を発生させたすべてのクルマを事故車では?と考えてしまう人もおります。ですが、事故車とは事故が生じて修理をしないで現状であることです。(現状車ともいいます。)

なので、大きなトラブルで大破しているクルマも事故車でバンパーをちょっとぶつけて、取れたままのクルマも事故車ということになります。

3:修理車とは

事故車を塗装やパーツ交換で修理したクルマを「修理車」といいます。ドア・バンパーの板金塗装から、割れたヘッドライトなどを換えた場合も修理車となってきます。

単純な修理や上手な板金塗装店の職人が行った小さな修理だと修正した場所にもよりますが、売却する際に査定に影響がない場合もあります。なので、査定してもらう場合に修理したこと自体、認知されないということも多いです。

4:修復車とは

事故で損壊したクルマを完璧に修理しても売る時の査定にかなり影響されるのが「修復車」となります。クルマ業界では修復歴有り車と言われることが大半です。

クルマのメインフレームやフロア・足回りといったゆがみを修復したクルマも修復車になります。また、メインフレームが変形してなくて、補正をしていない場合でも、修理した場所により修復車と捉えられることもあり得ます。

(事故車の定義)

jikoshateigi

たとえば、ボンネットやリアゲートの脱着をされた跡のあるクルマやピラー等に塗装跡の見られるクルマなど、大規模な修理とか修復をする場合でないと接触しないようなパーツの脱着跡があるケースだと修復車と見られてしまうこともあります。

以上が買取業者などが価値判断する時の大まかな基準です。あなたの車の価値を判断する時の参考資料になればと思います。

 

「事故車の買取相場を知るには?」

修理車の場合は上記の3で解説しているように実際に査定してもらわないとわからない場合が多いため、複数の買取店に査定してもらうのがベストです。

方法としてはネットで無料一括査定を利用して査定依頼するやり方が一番効率よく相場を知る事ができます。一括査定については当サイトでも解説していますのでこちらも参考にしてください。

・・・・・・・・「一括査定の詳しい情報を見る」⇒

 

PS:万が一、どこに査定してもらっても値段が付かなかった場合は事故車買取専門店に査定依頼してみてください。こちらでは必ず値段が付くはずです。

・・・・・・・・「事故車の買取専門店」の詳細をみるへ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。