『過走行車でも査定額は必ずアップします!』

ディーラーで「0円です。」と提示されり、納得のいかない査定額の過走行車でも、ここでお伝えするやり方をそのまま実践してもらえれば、愛車の査定金額は必ずUPします。

なので、車を買い替えるなら新しい車の資金に、また車を完全に手放す場合でも現金が手元に残ります。

もし、『書類や手続きが面倒くさいからディーラーでもいいや!』などと考えているなら損をする前にこのまま読みすすめてくださいね。

 

『なぜディーラーより査定額がアップするのか?』

ディーラーは基本価格表をもとに査定額を算出

そもそも、ディーラーの下取りは買い取り業者と比較すると買取額が低いことが極めて多いです。

その理由としてはディーラーが下取りを査定する時に、各販売店が設ける基本価格表(各メーカーの統一した価格)をベースとして計算します。 この値段からキズや凹みなどの状態によりさらに減額されるのです。

はじき出された見積金額は車関連の業者のみがエントリーできる(*)オートオークションの買取相場に適合していないので、需要が高い車でもひどく安い見積金額を提示されます。

また、下取りした車を再販しますので在庫として費用もかかりますから、そのコストを差し引いた値段になるのがディーラーの下取りとなります。

本来、ディーラーのメインの仕事は販売なので下取りにおいては、買い取り専門店より高い金額が出ることはまずないといえるでしょう。

 

買取専門店はオートオークションの相場価格で算出

一方で買い取り業者は、買い取りした車をすぐさまオートオークションに出すので、在庫経費がかかりません。

買取額は、オートオークションの平均価格を基準に計算されます。 走行距離数が10万キロをオーバーした過走行車で、ディーラー下取りではほとんど0円だった査定でも、買い取り業者なら高値が付く可能性は大いにあります。

また、買取業者の中でも、ガリバーなどの大手買取店以外にも海外輸出を得意とする廃車専門・事故車専門の買取業者がありますので、0円になることはまずないと言えます。

(*)オートオークションとは中古車事業者が加入して取引する中古車の卸売市場です。 軽自動車から輸入車、バン・トラックまで色々な車が流通し、会場に車を収集して行う現車オークションやインターネットや衛星等を使ったオークション等で参加できます。出典:https://www.araiaa.jp/newmember/

 

『実際にディーラー下取り見積額と買取店の見積額を比較』

私、元車屋だん吉が買取販売店に勤めていた頃に実際、ディーラーと買取専門店の査定額にどれくらい差があるのか検証したことがあります。

kaitori-kakaku

この時の価格差は約266,810円でした。このような価格差は、この業界では当たり前にあることで一般の人は知るよちもありません。現在でも全体の7割ぐらいの人が下取りで車を買い替えているのが現状です。

なので、過走行車にしてもディーラーと買取専門店の査定額差があるというわけです。

とはいえ、買取専門店にも得意とする車種・不得意とする車種があります。つまり、買取専門店でも限りなく0円に近い査定金額を提示される場合があります。

それらを避けるために、複数の買取店・廃車専門店・事故車専門店などに査定してもらい、その査定額を競合比較してください。

そこで、一番高い金額で売却するのが過走行車を最も高く売る方法になります。

では、査定金額を競合比較するにはどうすればいいのか?

 

『ネットで無料の車一括査定サービスを活用する』

車の一括査定とは、『全国数百社の車の買取専門店が、『一つの査定サービスサイトに加盟している』インターネット上のシステムが確立されたサービス。

愛車の情報を一回入力するだけで複数の買取専門店の見積もりを受けることができ、そして『査定金額を競合し比較できる』というのが最大のメリットです。

 

『車一括査定サービスを活用した事例』

次の画像は過走行で値段がつかなかった車の査定アップ事例です。

kasoukou-satei-up-01 kasoukou-satei-up-02 kasoukou-satei-up-03

この3台の過走行車はすべて一括査定サービスで査定金額を競合比較した結果になります。下取り価格との差は明らかですね。

でも、車の一括査定なんてどこがいいのか、わからない?

安心してください!次より実際に一括査定に申し込んだ体験レポートを解説します。なので、あなたが申し込む時の参考にしてくださいね。

 

今回、申し込んだのは『カービューの愛車無料査定』

『査定UP事例』(公式サイトより)

*以下クリックで拡大できます。

car-vew-top-4

『カービューの特徴』

カービュー愛車無料査定は「株式会社カービュー」が運営を行う中古車買取のサービスサイトです。

設立は1996年9月5日と業界でも実績と信頼のある企業です。 そして、親会社はヤフー株式会社になります。

そのほか業界でのサービスは「中古車査定仲介サービス」やクルマ総合情報サイト「carview」においての広告事業、車の専門SNS「みんカラ(みんなのカーライフ)」の直接運営を通じてユーザーの豊かなカーライフをアシストするために様々なサービスを行なっています。

カービューの愛車査定の買取加盟店数は大手買取店から小さな町の中古車販売店・廃車専門店・事故車専門店など「200店舗」以上、最近ではトヨタ系列の『T-UP』も提携。

そして一括査定サービス利用者数は「約400万人」(他社は約100万人~200万人)と他社サービスを圧倒しています。

car-vew-spac

carviwe-koushiki

『びっくり、簡単査定UP!体験談レポート』

*今回は元車屋の人脈を使って「車をすぐ売りたい!」というAさん・Bさんの2名の方に車一括査定を使ってもらいました。

過走行車ではない(汗)ですが申し込みのときに参考にしてもらえれば幸いです。

 

「カービューの申し込みの流れ」

申込はわかりやすく簡単です。公式サイトに次の画像がありますので必須項目に入力し、確認画面へ進むをクリックし、確認画面が出て来ますので、不備などが無いか確認して申し込んでください。(時間は約3分ほど)

*以下クリックで拡大

car-vew-moushikomi

jimnny-satei2

jimnny-satei3

*メールは自動配信されるようになっていて、すぐ届く場合があります。

jimnny-satei4

出張査定当日のレポート

「Aさんの一括査定体験レポート!」

ここでは5社(ガリバー・カーチス・ユーポス・ビックモーター・JAC)ピックアップして査定。

satei-genba

satei-genba2

「査定当日の内容」

査定に来た買取店の営業さんはその場で査定額を提示せず、タブレットに情報入力した後、本部からの折り返し連絡待ちというのがいまの主流です。

この時、なぜか時間がかかったようです。(約20分:Aさん自宅待機)

このあと、残り4社が30分おきに査定。合計時間は3時間弱でした。

 

「買取店5社の出張査定の結果は?」

*クリックで拡大

satei-genba3

最終的に最も高い価格を提示したガリバー社の115万(上記画像赤丸)が一番高額になりました。

ポイントは最低額が108万円で最高額が115万円と約7万円」差があることです。

単に1社だけの見積もりでは絶対にわからないことですね。

 

「契約後の減額クレームはなし!」

このあとAさんは上記で述べた買取専門店と契約したようです。

実はAさんは「あとから査定した金額より、いろいろクレームを言われ減額されるのでは?」という不安をいだいていたようで、「そんなことは一切なかったよ!」ということで安心できるサービスですね。

*クリックで拡大

g-keiyaku

 

「Bさんの一括査定体験レポート!」

続いて違う日にBさんにも上記と同じカービューで査定依頼。

Bさんは4社(ソッキン王・ガリバー・カーゼブン・ビックモーター)へ見積もり依頼です。

carvew-taiken

*クリックで拡大

satei-genba4

satei-genba5

「査定当日の内容は?」

  • 乗換えか売却か等のヒアリング
  • フロント、内装、エンジン等の写メを本部に送信。
    ここでも「タブレットを使って画像を送りその答えを待っているようでしたよ」とのことです。
  • 金額開示
    「金額は最高額の43万2千円でした!」ということで最低額との差は4万2千円」です。
  • 契約締結
    この後、Bさんは契約書にサインをして無事に車を売却しました。

そして、印象的なことは「特に何もせず本当に立ち会うだけでスムーズに進みましたよ!」とBさんが言っていたことです。

車の買取というと「交渉をしないといけないの?」という心配がありますが、全く問題ないようです。

ただ、競合させるために「〇〇社は〇〇円でした!」と金額の報告はしたほうがいいです。

 

「希望していた金額より高く売れたポイント!!」

無料で一括査定サービスを申し込んだAさんとBさんは『想定していた以上の現金を獲得』出来きました。

ここで忘れないでほしいのは複数店舗に査定依頼し、査定金額を競合比較させた!ということです。

つまり、『無料一括査定を活用し、高く売却できる店舗を探す』ことです。

そして、過走行車でも同じように様々な業者に査定してもらうことが重要となってきます。

なので、「損することなく、高く売る」ためにここでお伝えしておきます。

by「だん吉」

 

 

カービュー愛車査定』の申し込みへ