故障車を処分したい!費用はかかるのか?無料で出来るのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車を処分したいと考えた時、まず気になるのが「費用はどのくらいかかるのか?」ということではないでしょうか。ここでは、「処分した時にかかる費用」と「無料で出来るのか?」ということを中心に解説しています。ぜひ参考にしてください。


dankichi13

 

「費用はかかるのか?無料で出来るのか?」

ここからは車の処分(廃車)するということを前提に説明を進めていきます。まずはディーラーや販売店に依頼する場合から解説します。

ディーラーや販売店

ディーラーや販売店に依頼する際の廃車費用ですが、手続きの種類によって異なります。まずは永久抹消登録をする場合の費用について。

永久抹消登録においては、引き取り代金(レッカー代含む)0~30,000円、スクラップ代金(車体解体費用)0~30,000円、書類などの手続き費用10,000~20,000円で、計10,000~80,000円となってきます。

なので事故や故障で不動車の状態になったとしたら、お金を支払い引取ってもらうことが必要です。また、車種やパーツ等の価値次第で費用が少し前後する傾向にあります。

一時抹消登録となると、引き取り代(レッカー代含む)0~30,000円、書類の手続き費用は10,000~20,000円、廃車手続き代350円くらいの費用がかかります(合計10,350円~50,350円)。

「たかっ!」とお思いでしょうが、これは解体業者と中間マージンが発生するためです。また、ディーラーや販売店によっては、クルマの引き取り費用に書類の手続き費用を合算している場合も多いです。

また、重量税還付や自賠責保険料の還付に要する手数料は、別途プラスされるといった場合もあるので、手続きの際は予め確かめるようにしましょう。

解体業者の場合

スクラップする費用は廃車処分のやり方や自動車解体業者によって違ってきますが、自動車解体業者に依頼すると相場として1万円~2万円前後とそれなりに処分費用がかかります。

廃車買取専門店は?

廃車買取専門店は手続き手数料・レッカー代・見積もりはすべて無料です。

なぜか?

それは価値のある市場へ売れるからです。つまり、再販する販路を確立しているということです。例えば、解体後、鉄不足と言われている中国へ輸出、修理して東南アジアなどの新興国へ輸出、需要がある国では修理せずに車ごと輸出しても十分利益が出るため、すべて無料で対応できるというわけです。

そして、このような背景があるので買取店側からするとあなたのクルマには価値があります。なので車体の買取額がプラスされます。

結論として車を処分する時は廃車買取専門店へ出すというのがBESTだといえますね。

廃車買取の基礎知識

上記のような廃車買取専門店でしっかり買い取ってもらえるように最低限知っておいた方が良い知識を解説しています。なので、こちらも参考にしてもらえれば幸いです。

 

・・・・・・・・「廃車の買取超入門」へ

 

今、事故車に強い無料の車査定と言えば・・・

「あんしんのカーネクスト!」

 

『主な特徴』
  • 高く買い取ってもらえる3つ理由

    1. 海外の直接取引・直売ルートをおさえているので、事故車や多走行車の車も高値で買い取りが可能!
    2. 液晶パネル、電装機器、ホイールなど、ありとあらゆる部品を完全リサイクル
    3. ぼろぼろのスクラップ車でも大部分である鉄は大切な資源に再利用。(鉄の売却)

↓↓カーネクストをもう少し詳しくみる↓↓

candy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。