故障車を廃車にしたい | 自宅で放置している場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長年、自宅に故障した車を放置していたけど「そろそろ廃車にしたい」と考えた場合、まず「どこに引き取ってもらうのがいいのか?」と悩むかと思います。このページでは「故障した車を廃車にしたい場合にどこがいいのか?」ということを中心に解説しています。


dankichi42

 

自宅で放置している車を廃車にする!

「ディーラーや販売店に依頼する場合」

車を購入したディーラーや販売店にお願いした場合、引き取りはやってもらえます。

ただし、完全な不動車ならおそらく外注で解体業者に依頼するはずなのでレッカー代・廃車手数料など有料になる事がほとんどです。(車体代金は還付金と相殺されるのでほとんどが0円)車屋だん吉的には、あまりオススメできません。

「自分で廃車にする場合」

自分で廃車にする場合は、まず必要な書類をそろえます。

書類は車検証原本・ナンバープレート・リサイクル券・自賠責保険の原本・印鑑証明書(車検証と同一の所有者であること。発効日から2か月半以内であること)・印鑑証明書と同じ印鑑・免許書のコピー (軽自動車の場合は印鑑証明書と印鑑証明書と同じ印鑑はいりません。印鑑は認印でOK)を準備して、ナンバーが付いている地域の運輸支局に出向いてください。

窓口でいろいろ教えてもらえます(戻ってくる税金や保険の還付のことなど)ので、簡単にできます。その後、街の解体屋に引き取ってもらうのが一般的です。(この時もやはりレッカー代・解体手数料は有料です。)自分で廃車にすると、時間的ロスが大きいので余裕がある場合は良いと思います。しかし、効率的とは言えないですね。

「廃車買取専門店」

その名の通り、廃車を専門に買取してもらえる業者です。町の解体屋と違うところは引き取りの際のレッカー代や手続き代行手数料が無料である所が最大のメリットです。

「どんな状態のクルマでも買い取ります!」と謳っている廃車専門店は自社で修理工場を完備しており再販可能な車は修理して、不可能な車は部品どりで利益を出しています。

そして、最近では海外の日本車需要が高いため、海外への輸出ルートを確立しているお店は買取に強いですね。なので、このような専門店に出すと「車体買取金額+還付を受けるお金」が現金で入ってきます。

廃車を業者に任せる際の注意点

廃車する時には手続きなど一任するわけですが、「廃車で戻るお金について」のページでも解説している廃車で戻る還付金について買取店側に必ず確認してください。

「いつ」「どこに」入金されるかを確かめてください。あとは、どこで解体または処理されるか説明があると思いますので、その解体業者も確認した方が良いです。

このページのまとめ

ディーラーや販売店に自宅に放置している車の廃車(下取りも含む)を依頼するとレッカー代・手数料をとられる(車体代金は還付金と相殺されるのでほとんどが0円)

自分で廃車にする場合も手続きなどの手数料は安く済みますが、レッカー代・解体手数料をとる所が多く、時間的にも効率的ではない。(還付手続きで戻ってくるお金あり)

廃車買取専門店はレッカー代・手数料は無料でやってもらえ、車体もしっかり買い取ってもらえる。(廃車による還付金もあり)。

結論として「どこに引き取ってもらうのがいいのか?」といえば、廃車買取専門店と言えます。ぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車しかない0円の車を『査定UP』させるには?

査定金額が0円と言われ諦めていませんか?

廃車寸前の車には価値がない!と思い込んでいませんか?

廃車する前に知っておいた方が良い情報がありますので、ぜひ参考にしてください。

なぜ買取店より廃車専門店の方が高く買い取ってくれるのか?

廃車買取専門店を利用した人の口コミは?

★『実証済み査定UP!廃車する車を高く売る方法とは?


高く売る方法を知る⇒

SNSでもご購読できます。