過走行車の査定!高価買取してもらうための4つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年間走行距離が多めの過走行車を買取店で査定してもらう時、「出来るだけ高く買取してもらうには?」と考え、いろいろ検索するかと思います。ここでは査定の時に高価買取をしてもらうための4つの注意点を解説していますので、ぜひ参考にしてください。


dankichi2

 

 

高価買取のための4つの注意点

「車の査定士が基準としている項目は?」

注意点を知る前に、車の査定士が『何を基準として評価しているのか?』を知っておく方がこの先スムーズに行くかと思います。次から大きくわけて解説します。

 

外装チェック

車体のカラーは査定額を大きく決める要因となります。人気があるカラーほど査定金額が高まる可能性も高いです。ボディのヘコミやキズ、汚れだけに限らず、ランプ系統は?アンテナは壊れていないか?なども査定しています。

 

内装チェック

シートやフロアマットに加えて内装の変色やシミなど査定士が目を光らせる注目点の一つです。汚れやシミなどが酷く交換を要するレベルと判定されたケースでは、査定額が一段と下がってしまうと考えられます。

 

走行距離数をチェック

ここは過走行車のオーナーは外してほしい項目ですが、絶対に外せない走行距離。一般的に車の通常の年間の走行距離数は、普通車で約10,000km、軽自動車で8,000kmと考えられています。

年式と総走行距離数からはじき出された1年間でのの走行距離数が、この指標を大きくオーバーしていると査定額が低くなる可能性もあります。

 

エンジン周辺をチェック

車の査定士は、エンジンの異音とかオイルまわり、プラグの具合、改造部品の有無、修復歴の有無などをチェックします。エンジンのメンテナンスを行ったり、載せ替えたりしているときには伝えるとプラス査定になる時もあります。

 

以上が大きく分けた重要な4つのポイントです。過走行の場合、走行距離数はどうすることもできませんが、少しでも高価買取をしてもらうために残りの3つに気を使いたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過走行車の査定額を簡単に上げるには?

ディーラーで『あなたの車は0円です。』と提示され諦めていませんか?

『どうせ、高く売れない!』とそのままディーラーなどに下取りに出そうと考えていませんか?

過走行車でも必ず査定金額はUP↑します!!

その具体的方法を次でお伝えしますので「損をする前に」ぜひ読んでくださいね。

 

『過走行車でも査定金額を簡単に上げる方法』

  • なぜディーラーより査定額がアップするのか?
  • ○○店と○○店の見積金額を比較!
  • ○○査定サービスを活用して高く売る!
  • ○○査定サービスの体験レポート!

 

 


詳しく見てみる⇒

SNSでもご購読できます。