10万キロの車を買取してほしい! | 過走行の基準は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
そろそろ車を売りたいけど、走行距離が10万キロを超えている場合、まず気になるのが「これは過走行になるのか?」ということではないでしょうか。ここでは過走行の基準と10万キロの車は買取できるのかを具体的に解説しています。


dankichi42

 

車が過走行と言われる基準?

過走行車とは年式と走行距離数を対比した場合、年間走行距離が1万~1万3000kmをオーバーしているクルマのことを指します。

年間走行距離数は年間1万~1万3000kmが基準ということですので、この基準内であるならばOKで基準外ならば過走行車というわけです。

たとえば、3年前に作られたクルマの走行距離が1万5000kmだと問題ないのですが、5万kmをオーバーしている様なケースは過走行車とされます。

過走行車は遠距離の通勤や営業車に使用して管理されていたと思われることもありますので明確に悪いということはないですが、クルマは走行距離数を基点として取り換えが推進されているパーツが多くあるため、きっちりと整備されたかどうかが大切な判断基準となります。

車は10万キロを超えると買取額が下がる?

まず、過走行で10万キロを超えている場合はケースバイケースですが、かなり叩かれると考えていいでしょう。ただ人気がある車種や上記の基準の差が小さい場合は急激に価値が下がるということはないです。

次に過走行でなく、単に10万キロを超えている場合、ここ数年の車は10万km毎のタイミングベルト交換もありませんしクルマの耐用使用年数も増加しましたから10万キロで驚くほど下がることはありません。

買取店側から見ると、大事になるのは「次、再販する時に売れるかどうか」です。つまり、人気で値段を決めています。なので、3万キロでも不人気車は安くなりますし、10万キロでも人気がある場合は高くなることもあります。

特に最近は輸出に力を入れている業者も多々あります。例えば、輸出で人気があるクルマで10万㎞~12万㎞の価格と6万㎞の価格が業者オークションで同じような値段で落札されている場合もあります。

その理由は、そのクルマを輸出する国では10万㎞をオーバーすると関税がかなり安くなるからです。10万㎞以上は輸出業者が買取り6万㎞ぐらいは日本国内の販売店が購入するということですね。

なので、一概に「10万キロ=安い」とは言えない時代です。そして、それは過走行車でも同様に言えます。

注目は走行距離より年式

車が下落するのは距離数ではなくて年式3年の一般保証、5年の特別保証を基準にガクンとダウンします。ただ、10万kmだと年式に関らず特別保証が終了してますので、おのずと保証終了と同様に下がる結果にはなります。

年式が下がることによるロジックは、30万円などの一定の金額でなく、10%や20%という“率”で下がります。1月1日を境にして1年追うごとに10%~20%といった基準で下がっていきます。なので、早ければ早いほど良いということも事実です。

しかし、ここでも上記で述べた輸出を主としている買取店は強いです。年式による買取相場は把握していますので、驚くほど高くは買い取ってもらえませんが海外での需要が高いクルマは間違いなく高価買取の対象です。

ここでのポイントは、いかにして前述している様な買取店を探し出すかということです。そのためにも最低限の買取や査定の知識は把握しておきたいですね。

 

買取と査定の基礎知識

当サイトではあなたの車が、少しでも高く売れるための基本的な知識を解説しています。車を売りたいと考えているなら必ず参考になると思いますので、ぜひ読んでおいてくださいね。

 

・・・・・・・・「車買取と査定の基礎知識」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。