過走行車の買取で査定額を上げるにはデメリットを知る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
過走行車の買取で少しでも査定した時の金額をあげたい!過走行の車を所有しているなら誰もが考えることですね。ここでは過走行によるデメリットを知り、逆にメリットとして売ってしまおうという方法を解説します。ぜひ最後まで読んでくださいね。


dankichi40

 

 

過走行のデメリットを知る!?

「そもそも過走行車って?」

過走行の基準は年式と走行距離数を比べた時、一年間に走行した距離が1万~1万3000kmを過ぎているクルマのことです。

つまり、新規登録から5年で走行距離が多少の前後を加味して7万kmを過ぎると過走行とみなされます。そして、このような車は基本的に減点され、同年式のクルマより若干、価値が落ちます。

「過走行車のデメリット」

一般的には過走行車は「営業で使っていた」「通勤で使っていた」「レンタカー店の車」などのイメージが強く、「すぐに故障するのでは?」という懸念をいだかれてしまします。なので、再販しても売れないということから買取店側も値段がつけにくい所があります。

また、走行距離による消耗部品の交換も必須となってきますので、どうしてもマイナス査定になりがちです。このように過走行の車にはそれなりのデメリットがあるのが現状です。

「デメリットをメリットに?」

さて、デメリットを理解してもらったところでそのデメリットをメリットにする方法を解説していきます。

「どういうこと?」と思うかもしれませんが、先に結論を言いますと「過走行車が欲しい」「過走行車を探している」という買取店を探し、そこへ売るということです。

つまり、需要がある買取店を見つけることでデメリットがメリットになるというワケです。

昨今の中古車市場は様々な買取店が存在します。ガリバーのような大手買取店から廃車専門の買取まで多種多様です。なので、過走行車を得意としている買取店も存在します。

たとえば、事故車・故障車買取専門店です。これらのお店は豊富な販路があるので上記のデメリットを加味した査定金額を提示してくれます。

つまり、他店よりも上限相場額を高く設定しているので高く買い取ってもらえる確率が高くなります。具体的に次で説明しますね。

「過走行車を求める買取業者」

数ある買取店の中には、事故車・故障車・過走行などの難ありの車でも独自の流通ルートや販売方法によって、収益を上げられるお店があります。

なので、ディーラーや販売店などで査定額が低かった車も高い査定額をつけて買取してくれることも十分あるのです。 ただ、買取店も得意・不得意というものがあります。

なので、事故車や過走行車、低年式車などを売るときは、複数の買取店に査定を受けてワケあり車を求めている買取店を探すことが、高く売るための重要なポイントになります。

「なぜ高く買い取ってもらえるのか?」

理由の一つに日本車の低年式車・過走行車は、海外で評価が非常に高いという点です。 日本車は、ハイクオリティで頑丈に制作されているため、簡単には故障しません。

海外では、“車は乗りつぶして買い替える”という日本とは異なった文化があるため、良好な日本車が称賛されています。 さらに、ここ数年“日本の車はブランド”と考えている国も多いので、安く買える低年式車・過走行車のニーズは結構高いです。

国内では、「10万kmの車は走りすぎ!」という見解の人が多いですが、海外では、「10万kmならまだまだ全く問題ない!」と考えている人が多いです。

そして、車を海外に輸出するときは関税が発生しますが、輸出する国により、低年式車は関税を減額する国があります。さらに、『ある一定年数以上の車は関税が全くかからない』という国もあります。

そういった背景から、低年式車や過走行車でも利益が出せるというわけです。

「買取店の見つけ方!」

上記の買取店をを探しだし、そのお店へ売るということは理解できたかと思います。次のステップはデメリットをメリットにする場所を見つけることです。

見つける方法としてはインターネットで「無料一括査定サイト」を活用します。一括査定サイトとは全国数百社の買取店が加盟していているウェブサイトのことです。

そこであなたの車の情報を入力し、それらを基にあなたの車が欲しいという買取店が概算で査定金額を提示してきます。そして、査定してもらいたいお店をあなたが選び依頼するという仕組みです。これらを活用することで上記の買取店を効率よく探し出せます。

「一括査定をする前に!」

いよいよ一括査定をしたいところですが、その前に査定に関して最低限知っておいた方が良い知識があります。当サイトではそれらの知識を具体的に解説しています。

過走行車を少しでも高く売るために必ず役立つ知識なのでなので、もう少しだけ車屋だん吉におつきあいください。

 

・・・・・・・・「車を高く売るためのコツ」へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。