事故車の買取査定時の疑問 | 車の修復歴の定義って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事故した車の買取査定をしてもらいたいけど「自分の車は事故車として扱われるのか?」それらの判断をするために修復歴の定義を知ることが先決かと思います。ここでは事故車の定義と修復歴と事故車の違いについて解説します。


dankichi15

 

車の修復歴の定義とは?

事故車と修復車の違い!

まず、勘違いしている人が多い事故車と修復歴車との違いを説明します。

「事故車とは」

事故をした際にその車の修理をやる・やらないに関係なく、事故した車すべてのことを「事故車」だと思ってしまいます。しかし、本来、事故車というのは事故をして修理もしない現状の車のことです。(現状車ともいう)

かなりの大事故で大破している車もバンパーをぶつけて、とれた状態のままの車も事故車ということになります。

「修復歴車とは」

査定時に最も影響を受けるのが修復歴です。事故した車をいかに綺麗に修理しても査定の減点の対象となってしまします。業界内では修復歴あり車と呼ばれることが大半です。

メインのフレームや足回りなど歪みがある個所を修復した場合や日査協・中販連・公取協(長いので短縮してます。汗)が定めた規定の場所を修理した車は修復歴車として査定されます。

事故車(修復歴)の定義

修復歴車の定義とは骨格部位と言われているフレームを交換したり、修復した車を修復歴車と呼びます。

jikoshateigi

修復歴車がなぜ減点の対象になるかというと、第一に車の外部からの衝撃を軽減するモノコックボディーというものが変形すると安全性が損なわれます。

そして、一度変形すると全体的に影響する構造になっているため、歪みを綺麗に直してもなんらかの懸念材料があるためやはり安全面からみて減点対象となります。

shufukurekishiryou

価値と相場を知るために

ここまでは理解できましたか?修復歴があるかないかで査定額はかなり変わってきます。ですが、修理する部位によっては微妙な判断をされることも結構あります。

なので、一度あなたの車の価値を知るために買取相場額を確かめておいた方が良いかもしれません。そのためには出来るだけ多くの買取店の査定を受け、比較する必要があります。当サイトでは、無料の一括査定をオススメしています。

一括査定サイトの詳細は次のページで解説していますので、こちらも合わせて参考にしてくださいね。

 

・・・『カーセンサーの一括査定サイト』の詳細をみる⇒

SNSでもご購読できます。