引っ越しで他人名義の車を廃車にする!所有者が違う場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
引っ越しをきっかけに今使用している名義違いの車を廃車にしようと思った場合、まず「所有者が違うけどどうすれば?」ということが悩みどころではないでしょうか。ここでは、名義違いの車を廃車にする方法を解説します。


dankichi7

 

車検証の所有者の欄が他人の場合

名義が違うということは、車検証の所有者の欄があなたではないということを前提に進めていきます。まず方法としては、次の2つがあります。

「所有者の書類など揃える」

廃車(抹消登録)行なう車の車検証(自動車検査証)の所有者の欄が、他の人の場合であっても廃車(抹消登録)行うことは可能となります。 まず次の書類が必要になります。

・所有者の印鑑証明書(区役所または市町村の役所)

・委任状(陸運支局またはネットでダウンロード)

・譲渡証明書【所有者の実印押印】(陸運支局または販売店・ネットでダウンロード)

上記をそろえれば問題なく抹消登録の手続きが可能です。また有りがちなのが、ローンを組んでいる車の返済が終了しているはずなのに、所有権の変更をやっていないケースです。

このケースでは所有者の欄に記されている「クレジット会社・信販会社・自動車販売店・ディーラー等」に連絡を入れて「所有権解除に要する書類」を発送してもらわなけらば、抹消登録(廃車)することは不可能ですので、早いうちに連絡を入れておいた方が良いです。

その際、こちら側も車検証のコピー・使用者の印鑑証明証・住民票等を所有者に郵送することが必要ですので、必要書類をよく確かめておいてください。

なお、手続きを行うのは運輸支局や軽自動車検査協会などで行います。

「所有者の名義を変更する場合」

自分名義へ所有者変更するなどして、廃車する場合の手続きは基本、移転登録 (軽は記載事項変更)と呼ばれる名義変更の手続きと同日に、廃車手続きを行う「移転抹消 (名変抹消)」 という形での手続きになります。

また、それら手続き時には、使用者(あなた)の 「使用の本拠の位置」を管轄する手続き機関 (運輸支局や軽自動車検査協会等)にて行います。

つまり、廃車前提の場合には、名義変更後の所有者と使用者は基本的に同じになるので所有者の印鑑証明書又は住民票記載の住所を管轄する手続き機関にての手続きということになります。

「手続きが面倒な場合は?」

手続きをする時間が無く少し面倒だなと考えているなら、廃車専門の買取店に査定依頼して「売る」という方法もあります。

名義が違う場合でも手続き(基本的に無料)はすべて代行してやってもらえますので、効率よく廃車できます。ぜひ相談してみてください。また、当サイトでも廃車買取の基礎知識を解説しています。こちらも参考にしてもらえれば幸いです。

 

・・・・・・・・「廃車手続きの種類」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。