引越しで廃車にする | 車検証を紛失して手元にない場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
引っ越しで今乗っている車を廃車にしたいけど、車検証がない場合は「まず何をすれば?」と悩むのではないでしょうか。ここでは廃車の際に車検証がない場合の対応を中心に解説しています。


dankichi13

 

車検証の再発行

まず、車検証を紛失した場合は再発行をしてもらいます。やってもらう場所は今、車についているナンバーを管轄している運輸支局です。紛失・盗難などに対応して再発行してもらえます。

「車検証を再発行に必要書類は?」

必要な書類は手続きの方法によって変わってきます。手続きには「自分でやる方法」と「業者やお店に依頼する方法」があります。

「自分でやる場合の必要書類」

1:使用者の委任状
⇒本人が行う場合は必要なし

2:理由書
⇒5の申請書に同じ内容を記入した場合は必要なし

3:申請者の身分証明書
⇒運転免許証・健康保険証・パスポート等

4:手数料の納付書
⇒当日に用意できます。

5:申請書
⇒当日に用意できます。

「業者やお店に依頼する場合の必要書類」

1:委任状(使用者の認印押印)

2:理由書(使用者の認印押印)

ちなみに自分でやる場合の費用は手数料と用紙代で400円程度です。依頼する場合はお店や業者により異なります。

「車検証再発行の方法の流れは?」

自分でやる場合の必要な書類が揃ったら運輸支局に行き手続きをしてください。(受付時間は午前8:45~11:45と午後1:00~4:00、休日は土日祝・及び12月29日~1月3日です。)

1:用紙の購入・作成
⇒窓口にて不足な用紙がある場合は購入もしくは配布を受けてください。

2:申請手数料の支払い
⇒印紙販売窓口にて再交付申請手数料の印紙を購入。そして手数料納付書に貼りつけます。

3:書類を提出
⇒窓口に書類を提出し不備等がなければしばらく待機です。

4:車検証の交付
⇒名前を呼ばれますので新しい車検証の交付を受け取ってください。内容確認は忘れずに!

「車を手放す場合」

引っ越しで時間が無く、なおかつ車を手放すなら廃車専門の買取業者に売ってしまう方が効率よく廃車できます。しかも買取なので、今所有している車に価値がある時や廃車による還付(税金や保険など)でお金も入ってきます。

また、上記の手続きも代行してやってもらえますので一石二鳥というところでしょうか。しかし、売る側として廃車の買取に関する知識を知らないと損をすることもあります。

当サイトは廃車の買取に最低限知っておくべきことも解説していますので、こちらも参考にしてもらえれば幸いです。

 

・・・・・・・・『廃車の買取超入門』へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。