廃車の手続き費用!リサイクル料や廃車料以外にかかる料金は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車を廃車したり解体する時に費用はいくらくらいかかるのか?またそれ以外にもかかる費用はあるのか?など、まずは知っておきたいことですね。ここでは普通車・軽自動車・輸入車の廃車費用とその他にかかるの料金を説明します。


dankichi13

 

基本的な自動車の廃車費用!

はじめに車を廃車するのに2種類あるうちのどれをやるかを把握することが必要です。 まずは、現在のクルマを解体し今後は乗らないというタイプ。このケースでは「永久抹消登録」になってきます。

また、一定期間利用しないだけのことで、期間をあけてふたたび乗車する見込みがあったり、売却したりする場合は「一時抹消登録」をやることが必要です。 (補足として「輸出抹消登録」というものがありますが大体の人には関係ありませんのでここでは割愛します。)

これらのうちどれをやるのかを理解したうえで廃車手続きを行うことになります。 気掛かりな登録費用なのですが、普通車のケースでは、永久抹消だと約2万円ぐらい、一時抹消では1万円ぐらいといった所でしょうか。次で具体的に解説します。

永久抹消登録の場合

「軽自動車の廃車費用は?」

・車体引き取り料:約10,000円(解体屋に持ち込みの場合は0円)

・リサイクル料金:約8,000円(支払い済みの場合は0円)

・車体解体費用:約10,000円(最近は無料の業者もある)

・書類作成費用(代行):約10,000円(自分でやる場合は0円)

総額は約38,000円

「普通車の廃車費用は?」

・車体引き取り料:約10,000円(解体屋に持ち込みの場合は0円)

・リサイクル料金:約10,000円(支払い済みの場合は0円)

・車体解体費用:約10,000円(最近は無料の業者もある)

・書類作成費用(代行):約10,000円(自分でやる場合は0円)

総額は約40,000円

「輸入車の廃車費用は?」

・車体引き取り料:約10,000円(解体屋に持ち込みの場合は0円)

・リサイクル料金:約16,000円(支払い済みの場合は0円)

・車体解体費用:約10,000円(最近は無料の業者もある)

・書類作成費用(代行):約10,000円(自分でやる場合は0円)

総額は約46,000円:

一時抹消登録の場合

軽自動車・普通車・輸入車、ともに書類作成費用の約10,000円のみです。もちろん自分でやるなら0円です。

このように値段の内容は、車体引取代やリサイクル料金(未払いの時のみ)、解体費用、書類作成費用などといったところです。

更に、廃車するクルマが軽自動車であるのか、外国車であるのかによって値段は若干違いがありリサイクル料で言うと普通車が1万円位であっても軽自動車は8千円位、輸入車が1万6千円位、となっています。なので、間違えないように注意してくださいね。

「上記以外にかかる費用は?」

解体業者までクルマを運び込むなど、自走可能ならばなにも気にしなくていいですが、自走不可能なクルマに関してはレッカー代等が別で必要になってくるケースがあります。なお、車体引き取り料に含まれている場合もありますので必ず確認してくださいね。

料金はクルマを置いてある地点から解体業者迄の距離数などによって異なりますが、目安は15,000円ほどとみておいた方が良いでしょう。

「昨今の廃車事情とは?」

自動車を廃車するコツとして、まちの解体業者などではなく「廃車買取を専門にした業者」を探して売却するという方法が良いです。

近年は鉄の価値があがり(もちろん下がる場合もある)解体業者も無料で引き取るというケースが多くなりました。そして、前述した廃車買取専門業者などは買取を専門に引き取った車を輸出することで利益を得ています。

なので、しっかりとした買取店なら費用が掛かるどころか、逆に買取金としてもらうことができます。なので、ポイントはこのような優良な買取専門店を見つけることです。

廃車しかない0円の車を『査定UP』させるには?

査定金額が0円と言われ諦めていませんか?

廃車寸前の車には価値がない!と思い込んでいませんか?

廃車する前に知っておいた方が良い情報がありますので、ぜひ参考にしてください。

なぜ買取店より廃車専門店の方が高く買い取ってくれるのか?

廃車買取専門店を利用した人の口コミは?

★『実証済み査定UP!廃車する車を高く売る方法とは?


高く売る方法を知る⇒

SNSでもご購読できます。