転勤で車を処分したい場合 | 10万キロでも売れるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転勤が決まり今まで乗っていた車を処分したいけど10万キロも走行している車は売れるのか?走行距離が多いとどうしても弱気になってしまいがちです。ここでは10万キロを走行した車も含め、「中古車の価値とは?」ということを中心に解説でしていきます。


dankichi40

 

転勤で車を処分したい場合

中古車の価値はどこで決まる?

下取りしたクルマはほとんどの場合、中古車として再販するというのが目的です。年式の新しいクルマや人気車は購入者も多い傾向がみられるので、確実に高額で買い取ってくれます。

ただ、年式は新しくても古くても過走行(走行10万km以上)のクルマは、査定が下落する大きな原因の1つです。 また、クルマの骨格まで損傷した事故車(修復歴車)は、この先どういった支障が発生するか把握できないというリスクもあり購入者がつきづらいので査定金額はガクンと下落します。

「事故したことを隠せばいいのでは?」といった思考が浮かんでしまいがちですが、査定士の眼は誤魔化せませんし、その後わかれば契約解除や瑕疵担保責任を問われることになりますので率直に公言してから査定してもらってください。

年式は古いタイプでも人気のある車種というのもあります。「その年代の形がベストでよかったです」といった潜在的な人気車種では、オートオークションで意外に高く売れたりします。

購入者ありき、需給のつり合いがありますので大切に乗り続けてきたクルマなら、こういったニッチなマーケットもチェックしてみる価値はあるかもしれないです。

ここ数年は、海外輸出を意図した買取り専門店も多くなってきました。どうにも査定額がつかないクルマでも海外にルートを持った買い取り店なら、想定外に高値で買い取ってくれる可能性も十分あるのです。

なので、「10万キロ」だから「事故車」だからという考え方は古い思考なので、あきらめず買取店に査定してもらうべきです。

査定から手放すまでの流れ

査定から代金振り込みまで クルマの査定をやってもらうと次の日、または2~3日後、概算の査定金額を提示してもらえます。

新車販売店の場合には、かつては査定をしてその場で見積額を出す場合もありましたが、近頃はそのクルマの人気の高さなどを加算して中古車のマーケットにおいての流通価値を正しく評価します。

モデルやクラス・年式・走行距離数のみで一概に算定することはありません。とは言え、それほど時間を置かずに査定金額を伝えてくると思います。

クルマの所有者としては、幾つかの買い取り専門店・新車を入するとしたら新車ディーラーを含め、複数の業者に見積りさせるのが手堅いです。

見積書がそろったら、各々の買い取り専門店や新車ディーラーに結果を提示します。そうすることによって、自社に売ってほしいと考えているお店は査定金額をアップしてきます。

つまり、条件の良いお店を選択し、クルマを高い金額で売ることができるわけです。

その後クルマを売り渡すことになりますが、必要な書類はスピーディーにそろえてください。自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書は、車内やお家に保持されているはずですのですぐにそろえることができます。

気をつけたいのは実印の印鑑登録証明書で、区役所等に足を運んで取得することになると思います。書類がそろわずに時間が長引いてしまうと、クルマの査定金額も下落します。

中古車の価値というのは時間の経過によって減少してくるからです。なので印鑑登録証明書は、売り渡すお店が定まった時点で迅速に収集しておきましょう。

そしてクルマと名義変更に要する上記で述べた書類をお店に提出し、後日クルマの代金が銀行口座等に振り込まれます。新車を購入する時にディーラーに下取りした場合は、新車の購入代金に割り当てられます。

クルマの売る側として不安なのは「クルマの代金が確実に振り込まれるか」という所でしょう。売ってからの流れ、とくに「いつ代金が振り込まれるか」といった日時は、買取専門店の営業マンに忘れることなく確かめてくださいね。

買い取り専門店の信用度を必ずチェック

クルマをお任せした後にクルマの代金が振り込まれるかという不安以外に「信頼のおける専門店かどうか?」を確かめるのも大切です。

クルマの査定をやってもらう時などに、「どういった実績を積んだ会社ですか?」と尋ね、営業マンの意見も踏まえて信用度を評価します。

事務的なお話をしている際にも会社の雰囲気は分かると思います。出張査定を受けた際に1度、お店に出向いてみて相談などすると、会社の様子を知ることもできます。

なので必ず「信頼と実績」はリサーチしてくださいね。

車買取の基本的な知識

車の買取には最低限知っておいた方が良い基本的な知識がいくつかあります。次ではそれらを具体的に解説しています。こちらも是非参考にしてもらえれば幸いです。

 

・・・・・・・・『車買取と査定の基礎知識』へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。