車を売却の際に必要な書類とは | クルマ買取の基礎知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
下取り・買取り両方とも、手続きには各種書類が必要になってきます。クルマを買うときにも書類が必要ですが、愛車を売る際はそれよりも多く準備しなければならなりません。ですが、ほとんどは車に常備保有しておく物やお店で段取りしてくれるものが多いです。


dankichi6

 

車を売却するときに必要な書類

車を売ることが決まり、車を買い取ってもらう時に必要となる書類は次の通りですが実印と印鑑証明書を除いては大概お店が準備してくれます。

印鑑証明書は車を買うときにも必要になるため、クルマの買い替えで車を手放すなら2枚一緒に準備したほうがいいですね。

実印

dankichi31

不動産やクルマ等を買う時にも必要になってくる印鑑のことを言い、契約前に予め住んでいる市区町村役場で「実印登録」をやっておく必要があります。

ゴム印、変形しやすい印鑑を除いて、ほとんど実印として登録できます。

 

印鑑証明書

dankichi32

実印が確実に登録されたものですと市区町村が証明する証書。車を譲渡する時には、発行日から3カ月以内のものが要求されます。

反対にいえば、3カ月前から準備できるため車を売却すると決意した時に先だって用意しておくと後で楽です。

(下取りの場合は2枚)

 

自動車検査証(車検証)

dankichi33

つまり車の戸籍謄本です。どんな時でも車内に保有していることが義務づけれられているものです。

*失くした際は管轄の運輸支局で再発行して貰う必要があります。

 

自動車税納税証明書

dankichi34

1年毎の5月末迄に納める自動車税の納税証明書。常に、車検証と一緒に保管しておいたほうがいいですね。

また納めていないと車を売却することはできません。

*失くした場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらう必要があります。

 

自賠責保険証

dankichi35

車検のたびに次の車検をするまでの加入手続きを行った場合にもらう、加入証明書です。

期限が経過していると車を売ることはできません。車検証と一緒に保管しておきたい物です。

*失くした場合は保険会社で再発行してもらう必要があります。

 

リサイクル券

dankichi36

自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が払いこまれていることを証明するものです。

これも車検証と一緒に保管しておきたい物です。

*失くした場合は自動車リサイクルシステムのウェブサイトを通じて 『自動車ユーザー向け>自動車リサイクル料金の預託状況』 をプリントアウトする。その書面がリサイクル券の代わりとなります。

 

以上があなた自身で準備しなければならないものです。次の2点は大体のお店で段取りしてくれる書類です。

 

委任状

dankichi38

 

売却する車の名義変更手続きをお店に委任する時に必要な証明書類のことです。

書類に実印を押すことが必須になります。

 

譲渡証明書

dankichi37

車を売却することを証明する書類のことで、こちらも書類に実印を押すことが必須になります。

さらに、自動車検査証(車検証)に記載されているオーナーの住所と今現在の住所(印鑑証明書にある住所のこと)が違う際は、車検証と現住所との関わりが認識できるように住民票も必要となります。

本来は、住所が変わったなら15日以内に車検証の住所も変えなければならないことになっています。

そして、ローンを返済中のクルマは、車の所有者がクレジット会社や販売店の名前にあるはずです。

(銀行などでローンをして現金一括で支払っているなら問題なし)

このケースでは、手放す前にローンを一括返済する必要があります。

これらの手続きは、ほとんどの買取店でアドバイスしてくれるので、一度相談してみると良いですよ。

 

「車の査定アップのための買取店を選ぶ!」

車を売るなら、やはり『より高く売りたい』というのが誰もが持つ本音です。

では、そのためにはどうすればいいのか?

次のページでは具体的なやり方をポイントを上げて解説します。

より高く売りたいというあなたは必見です。ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

次のページ「車査定アップのための買取店選び」へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今乗ってる車の買取相場を簡単に知るには?

『あなたの車が今、どれくらいなのか?』

知っておいた方が次のディーラーとの下取りや買取店との交渉などにも多分に役に立ちます。

また、『知っているか』『知らない』かで査定額に数十万円以上の差がある事もあります。

車の価値を知るためには「無料のネット一括査定」が一番効率的。

 

*実際に申し込んだ『体験談レポート』も参考にして下さい。

買取相場を知る ⇒

SNSでもご購読できます。