車を手放す際の手続き | 廃車する場合の必要書類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ここでは車を手放す際の廃車に必要な書類と各書類の説明をしているページです。

廃車の手続きの流れについて、「まだ理解できないよ」という場合は
廃車手続きの種類」を参考にしてもらえれば効率よく廃車できるかと思います。


dankichi7

 

 

廃車する際の必要書類

廃車する時はその用途によって揃える書類が少し異なります。

そのあたりは確認し間違えないようにしてください。

永久抹消登録

永久抹消登録に必要な書類と用意するものは次の7点です。

  1. 所有者の実印
  2. 所有者の印鑑証明書
  3. 自動車検査証(車検証)
  4. ナンバープレート
  5. 委任状
  6. 住民票
  7. 申請書および手数料納付書

 

軽自動車の場合

  1. 所有者の実印
  2. 自動車検査証(車検証)
  3. ナンバープレート
  4. 軽自動車税申告書

 

一時抹消登録

普通自動車は上記の①~⑦を揃えてください。

 

軽自動車の場合

軽自動車は上記の①~④を揃え、一時抹消登録を申請するための『自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書』という書類が別で必要です。

*軽の場合は実印でなく認印でも良いです。

 

解体の届け出

解体の届け出は一時抹消登録後に行う届出です。必要書類は次の6点です。

  1. 解体に関わる移動報告番号(リサイクル番号)
  2. 一時抹消登録証明書
  3. 委任状
  4. 住民票
  5. 解体届出書
  6. 手数料納付書

 

軽自動車の場合

軽自動車の場合は次の2点だけで良いです。

  1. 解体に関わる移動報告番号(リサイクル番号)
  2. 解体届出書

以上が廃車の際に揃えておきたい各書類です。

 

「各書類について」

所有者の実印

不動産やクルマなどを売買する際にも必須となる印鑑のことを言い、契約前に予め居住している市区町村役場で「実印登録」をしておくことが必須です。

ゴム印など歪みやすいハンコは別としてほとんど実印として登記できます。

*軽自動車の場合では、実印(および印鑑証明書)は要らず、認印でできます。

 

所有者の印鑑証明書

実印が間違いなく登録されたものであると市区町村が証明する証書です。

発行から3カ月以内のものが必須となっています。

 

自動車検査証(車検証)

簡単に言うとクルマの戸籍謄本。常に車の中に携帯するということが義務化されています。

→失くした場合:管轄の運輸支局で再度発行して貰う必要が生じます。


ナンバープレート

正しくは自動車登録番号標という。買った時にクルマを登録申請すると授与されるもの。

クルマの前後に1枚ずつ付けられているものです。

 

委任状

手続きを業者や店舗に任せることを証明する書類のことです。

なお、あなた自身が運輸支局に行って登録手続きをするのであれば委任状は必要ないです。

 

住民票

一時抹消登録や永久抹消登録では、クルマの車検証と今の住所が異なる際、その住所が結び付くように住民票を取り揃えなくてはなりません。

また解体届出を出す際、発行から3カ月以内のものが要されます。

 

申請書及び手数料納付書

業者に頼むときは、業者側がこの書類を揃えてくれます。

申請書は運輸支局にて販売(約40円)しています。

手数料納付書は運輸支局といった窓口にあります。

なお手数料は350円。

 

軽自動車税申告書

軽自動車税の支払いをとめるために申請する書類です。

 

自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書

この書類に記入してから一時抹消登録の申請をします。

ちなみに手数料は350円です。

 

解体に関わる移動報告番号(リサイクル番号)

リサイクル法からなる解体がしっかりとなされているかを識別するため、車台番号と一緒に自動車リサイクル促進センターで統制している番号です。

解体後に専門業者から発行される引取証明書やリサイクル券に記載されています。

廃車をお店に依頼する時や、直で解体業者に解体をお任せする場合はリサイクル券を準備してください。

 

一時抹消登録証明書

一時抹消登録を申し出た時に発行される証明書ことです。

自賠責保険料の還付などにおいても必要になってくるので、大切に保管してくださいね。

 

解体届出書

一時抹消登録の後、自動車リサイクル法からなる解体処理をした後で運輸支局に提示しなくてはならないものです。

届出書代は約40円。

 

手数料納付書

普通乗用車の解体届出では、手数料納付書が必須となります。

 

廃車の書類を揃える前の注意点

少し補足注意点として『車のローン』が残っている場合は、おそらく所有者がクレジット会社などになっているかと思われます。

廃車というのは、あくまで所有者の目的となるので廃車前には一括返済などの方法で所有者をあなたにしておく必要があります。

その時、車検証の所有者を切り替える手間を省くやり方が幾つかあります

(移転一時抹消や一時抹消登録後の所有者変更など)から、販売店やローン会社と相談すると良いです。

さらに、トラブルなどで廃車にするときには、ローン会社も理由を配慮し、特例で廃車を認めるといった場合もあります。

なのでローン会社へ早めに相談しておくのがベストですね。

 

次のページ「廃車で戻るお金について」へ⇒

 

ps:自走できるなら『まず無料の一括査定!

 

*車の無料一括査定とは・・・全国数百社の車の買取専門店が、『一つの一括査定サービスサイトに加盟している』インターネット上のシステムが確立されたサービス。愛車の情報を一回入力するだけで複数の買取専門店の見積もりを受けることができるというメリットがある。

 

「あなたの愛車は今、自走できますか?」

もし、愛車が自走できて、まだ買取店に査定してもらっていないなら

『廃車するよりも高く売れるかもしれません。』

 

なぜか?

 

『買取専門店は廃車するより高く売れる!!』

カーチスやユーポスなど買取専門店のひとつの基準として「自走できるか」というものがあります。

自走できるか?というのは大きな査定基準です。そして、その車に価値があるなら買取専門店は車を『商品として再販』します。

一方、自分で廃車する場合や廃車買取り専門店はその名の通り廃車解体を前提として部品や車体などの『鉄くずを再販』します。

常識的に考えると解体して部品どりで販売するより自動車(商品)として売る方が高く売れます。なので、無料の一括査定を利用して「自分の車がいくら位なのか」把握しておくほうがいいです。

愛車を売却する側として「廃車しかない!」と思っていても意外に車(商品)としての価値があるかもしれません。

 

「車を手放す際のポイント!」

廃車する前に覚えておいてほしいポイントをまとめます。

  • ガリバーやユーポスなどの一般的な買取専門店は、その車に「自動車(商品)としての価値がある」なら『廃車買取店より高く査定してもらえる。
  • 一般的な買取店で「0円査定」になった場合、『廃車買取店の方が高く買取してもらえる。

 

自走できるなら無料一括査定』を詳しく見る ⇒

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

廃車しかない0円の車を『査定UP』させるには?

査定金額が0円と言われ諦めていませんか?

廃車寸前の車には価値がない!と思い込んでいませんか?

廃車する前に知っておいた方が良い情報がありますので、ぜひ参考にしてください。

なぜ買取店より廃車専門店の方が高く買い取ってくれるのか?

廃車買取専門店を利用した人の口コミは?

★『実証済み査定UP!廃車する車を高く売る方法とは?

高く売る方法を知る⇒

SNSでもご購読できます。