車を査定する前に知っておく知識!基準を知る事で得をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車買い取り専門店の査定士が、あなたの車を見積もる時のおもな点検箇所を解説していきます。これらを知る事で少しでも高く査定額が付くように対策ができます。一括査定などを申し込んだ際は愛車をチェックしてみてくださいね。


dankichi18

 

査定の際の重要ポイントと査定基準

外装をチェック(車体色、傷、汚れ)

車体の色は査定額を大きく決定づける要因になります。人気の高い色ほど査定額が高くなる確率が高いです。 車体のヘコミや傷、汚れはもとより、ランプ系統は?アンテナは壊れていないか?なども大切な査定のポイントです。

キーを差し違えて出来た、小さい引っかき傷なども細かくチェックされます。傷ひとつ付けないように、大事に運転してきたとしてもプロは見逃しません。なので結構シビアと考えてください。

また、高い査定を付けてもらいたいからといって査定前にボディの傷やヘコミを直しても、多少の変化はあるかもしれませんが、修理で出費した費用事体は査定額には反映されません。逆に損をしてしまうケースもあります。

内装をチェック(シート、フロアマットなど)

シートやフロアマットを筆頭とする内装の汚れやシミ。実は査定士が目を光らせるポイントの一つです。汚れやシミなどがひどく取り換えが必要なレベルと判断された場合、査定額が更に下がってしまう可能性もあります。

また、タバコやペットのにおいも購入希望者に敬遠されることがよくあります。なのでマイナス点となりがちです。このあたりも常に気を使うとよいですね。

走行距離数をチェック

車の平均的な年間の走行距離数は、普通車で約10,000km、軽自動車で8,000kmと言われています。年式と総走行距離数からはじき出された年間での走行距離数が、この指標を大きく上回っていると査定額が低くなることもあります。

それとは反対に下回っているときは、アップする査定額が期待できます。 ただし、エンジン等の駆動部は、それなりに機動させていないと調子が悪くなる場合もあります。年間の走行距離数を抑えた車が確実にプラス査定であるとは断言できません。

エンジン周辺をチェック

車の査定士は、エンジンの異音などオイルまわりやプラグの状態、改造パーツはあるのか無いのか、修復歴の有無などを確かめます。エンジンのオーバーホールを行ったり、載せ替えたりしているときには報告するとプラス査定になるケースもあります。

そして、エンジンルーム内に記されている車台番号(車体番号)は一番重要な確認事項です。変換や細工があったときには、買取り事体を拒否される時もあります。

車と関連する書類は保持しておく

書類の有無によって査定額が違ってくることがあります。日頃は車と別にしている書類も査定の時には準備しておくのが良いです。

定期点検整備記録簿法定点検の内容を記録する「定期点検整備記録簿」は、車の昔の整備状況が認識できる大切な書類です。

この書類にはオーナー・車台番号(車体番号)・ナンバー・点検整備日時・検査責任者名・診査時における総走行距離数等が載せられていて、所有者の変更歴などを含めた、その車の基本的な情報が確認できます。

取扱説明書の有無

意外と無いという人が居るのですが取扱説明書の有無も査定に影響します。読み終えたから「もう必要がない」と捨てる人も少なくありませんが、次の所有者にとっては必要な資料になることも考えられます。

なので、保管しておくのが良いですね。また純正品・社外品に関係なく後付したパーツの取扱説明書も同様です。

上記とそれ以外の買取時の査定チェック事項

査定士が確認する箇所をまとめました。当サイトはスマホにも対応しております。お気に入り登録やブックマークなどしてスマホを見ながら愛車の状態や装備と比較してくださいね。

sateicheck

 

無料一括査定を活用する理由!

dankichi15

査定の基準が理解出来たところでいよいよ査定して貰いたいところですが、実はあなたの車を少しでも高額査定をしてもらうためには一社だけではなく、複数の買取専門店に査定見積りを出してもらった方が良いです。

なぜでしょうか?

それは、次のページで詳しく解説しています。なので必ず確認しておいてくださいね。

 

・・・・・・・・「車の査定はなぜ1社だとダメなのか?」へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。