車の買取と下取りの違いとは?売るときに知っておくべき知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
車を売るときに知っておくべき知識にはどんなことがあるのでしょうか? ここでは基本的な事として「買取り」と「下取り」の違いについて解説していきます。買取の基本中の基本なので、ぜひ参考にしてくださいね。


dankichi15

 

車を売る方法は基本的には2つ!

車を売る方法は2つあります。一つは、ガリバーやカーチスなど車の買取専門店などで買取ってもらうやり方(買取り)、もう一つは新車を買うタイミングで、その購入先の販売店(ディーラーや中古車販売店)にクルマを引き取ってもらうやり方(下取り)です。

お互い次のようなポイントがありますので、下取り・買取のメリット・デメリットを理解してくださいね。

車の下取りとは?

新車を購入するお店で、これまで乗っていた車を値引きする条件で見積もり売却する方法です。車を買う時の手続きと売るときの手続きを同店舗で行うため手間がかからないことが一番のメリットといえます。

しかし、実情としては車をもっと高額で買取ってくれる買取専門店がある場合がほとんどです。なので、下取り契約してしまうと他のお店に査定依頼できないというデメリットがありますので注意してください。

車の買取とは?

車をガリバーやユーポスなどの買取業者や購入するお店以外の業者に買取ってもらう方法です。当然、買取り金額(車の査定額)は、そのお店ごとに異なります。

複数の店舗にみてもらった場合、その中から一番条件の良い査定金額をだしてくれたところに売ることができるというメリットがあります。

そしてデメリットとしては、複数の買取専業店などで査定をしてもらう必要があり、手間と時間という労力がかかります。

数年前までは、大手買取チェーン店(ガリバー等)など買取専門店が買取りの大半を手がけていたのですが、今では中古車販売店も積極的に買い取っているみたいです。そして、トヨタや日産など自動車メーカーの中古車部門でも買取専門店をやっています。

また、余談ですが最近は大手買取専門店が逆に中古車を積極的に店頭やネットで販売をしているようですね。結構、良い車も安く売っていることもあるようなので、車を買い替える時はチェックすると俗にいう掘り出し物があるかもしれません。

 

さて、ここまでは理解できましたか?

買取り・下取り、どちらにもメリット・デメリットがありますが、車を高く売却したいなら、面倒ですが複数のお店で査定を受けることがBESTだといえます。

次のページでは、車を手放す際の買取店には種類があります。これらも買取の知識としては知っておくべきことですので、ぜひ参考にしてください。

 

・・・・・・・「車の買取業者の種類」へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。