車の買取業者の種類 | 手放す際に知っておくべき知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
車を手放すときに利用する買取業者は、いろんな種類にわかれています。それぞれ特性があり、それらを理解しておくことで査定金額を引き上げることも可能です。


dankichi2

 

車を手放す際のお店は大きく分けると2つ

現在、クルマの売却先は大きく分けて「新車と中古車販売店」と「買取専門店」の2つに分けることができます。

新車を扱う販売店とはディーラーのことで、中古車販売店はディーラーも中古車専門販売店も含みます。

新車と中古車の販売店の場合は、買取りだけじゃなく下取りする点が買い取り業者と異なる所です。

次よりそれぞれの特色をまとめてみました。

 

おもな売却先の窓口と特性

新車ディーラー

新車ディーラーが下取りをした際、新車販売時の値引きと併せて引き取る場合があります。

値引き額を多くするのではなく、下取り価格をアップさせて新車購入の支払額を総計して安くするやり方です。

その反対に値引き額を高くして下取り額を低くするケースもあります。

どっちにしろ、確かな下取り金額が断定しにくい特性があります。

新車に買い替えるときには、見積りに目を通して「値引きはこのままで、他の店に今のクルマを買取りにだしていいですか?」などと確かめたほうが良いですね。

そして買取りを対象としたことは、あまりやっていない事がほとんどです。

下取られたクルマは各メーカーグループの中古車部門に流される事になります。

また、国産車系は外車が不得意で外車系は国産車が不得意な事が多いので、査定額の結果があまり期待できなくなります。

 

ディーラーの中古車部門

メーカーグループ(トヨタ、日産など)の中古車ディーラーは、新車ディーラーとは異なり下取りだけではなく買取りもやってくれます。

その理由は買取ったクルマを自社ですぐ売ることができるからです。

また自社で販売する時にすぐ購入者がつきそうだとか、またはもうすでに購入したいというユーザーを抱えていることもあり、そういうパターンなら査定金額に期待できます。

中古車ディーラーの場合、今までは他社メーカーを嫌って査定額が下がる事もありましたが、今ではほとんど見られないです。

ただ、新車ディーラーと同様に国産車系は外車が外車系は国産車が苦手なケースが多いので、そのときは査定額にあまり期待はできません。

 

中古車専門販売店

中古車専門の販売店は、中古車ディーラーと同じく下取りも買取りもやってもらえます。

自社で売却する際にすぐ買い主がつきそうだとか、またはすでに「買いたい!」といったお客を抱えている時も同様に査定額に期待できます。

さらに、外車の場合は輸入車だけを販売しているお店や、ドレスアップカーはドレスアップカーのみを取り扱うお店のほうが高い査定額を出すことが多いです。

あなたのクルマと一緒の車種を得意としている販売店やたくさん取り扱っている販売店で手放すことを心がけるといいと思います。

 

買い取り専門店

大手チェーン店はもとより、買い取り専業店は幅が広く様々あります。

基本として仕入れたクルマは

オークション(AA【オートオークション】:業者が中古車を仕入れる市場)

に出品を行なうがオークションは国内でたくさんあり、その季節やエリアなどで同じクルマでも取引金額が変わります。

そうしたものを推測して査定額をつけるわけですが、その時に買取専門店特有のノウハウが強みとなります。

また最近ではメーカーグループの買い取り専門店や直に販売店を持つ買取専門店もあります。

メーカーグループではオークションを通さず、それぞれの会社の抱える販売店にダイレクトに卸すことも可能ですので流通の力に販売の力もプラスされます。

なので、買取専門店よりも査定金額に期待できることもあります。

 

売却した愛車はその後どこへ行く?

売る先が理解したところで、

なぜ複数のお店で査定を受けることが、あなたの車を高く手放すことに結び付くのか?

を考えてみましょう。そのためには、手放したクルマがその先どうなるかを確認すると早いです。

kaitorisonogo

売却先はいくつかありますが、結果的に査定金額は “将来の中古車価格”に作用します。

つまり、“その先中古車として何円で売れそうか・・・ だから査定金額をどの位つけられるか” というプロセスが、どのお店でもクルマの査定額を決定するポイントです。

店舗によっては都心部で手に入れた4WD車をより需要の大きい雪国のオークションに持ち込んだりします。

このほうが確実に高く売れ、そして高い査定となります。

また、自社で販売店を持っているケースだとオークションに出品する労力や事務手数料などを省略できるため、その分査定額が高くなることもあります。

ただし、こういった “査定金額をどれ程つけられるか”が、下取りや買取りの査定士の役目であり最も難しいところと言えるでしょう。

別の業者に逃げられないよう、なるべく高い査定金額をつけたいが推測が外れれば自分たちの利益がなくなります。

そのため査定金額は1社ごとに微妙に異なるというわけです。

このような様々な背景がありますので、

最も適切に高い査定額で手放したい場合は『複数の店で査定を受けたほうが良い』ということになります。

 

「買取店の種類と概要は理解できましたか?」

さて次のページでは、買取に出すときの必要な書類の説明をしています。

書類は揃わないと話が進みませんので、ぜひ確認して先に揃えておいてくださいね。

 

車を売る際に必要な書類」へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。