車の買取専門かディーラー下取りか!お得なのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
今ある車を乗り替えたい時、売るのはディーラーでの下取りがいいのか?それとも買取専門店がいいのか?両者ではどれくらい差がつくのか?など悩むところですね。ここでは「買取と下取りの違い」と「どちらがお得なのか?」ということを解説しています。


dankichi15

 

買取店と下取りの違い

「買取とは?」

現在所有しているクルマを売り、現金を得ることです。 新しいクルマに買い替えの場合は、その資金を次車の頭金に当てることができます。

買取額は、 オートオークションといわれる業者しか加入できないオークションの相場 をベースに現在買取れる上限金額を標準価格として、オプションや状況などをトータルして算出しています。

中古車相場はオークション会場や地方(小規模のオートオークション)の違いなどによって引き取り相場は異なるものです。

大規模の買取専門チェーン店(ガリバーなど)の場合、 国内の相場通信網を使い随時収集して標準価格を決定する ため、より高い金額を提示できることがけっこう多いです。

また、買取りにおいては、社外部品(アルミホイール・エアロ・カーナビ等)もプラス査定の対象になります。

「下取りとは?」

今所有しているクルマを売って、同じディーラー(販売店)で購入する新しいクルマの購入資金として当てることです。 車を正式ディーラーで下取ってもらう時、基本は各販売店が取引する 下取り標準価格表 をベースにしています。

それからクルマの外装や内装の損傷など査定をしてから、減額し下取り額を算定します。下取り価格の基準は定期的に新しくされますが、オートオークション(業者だけが参加できるオークション)相場に連動していない場合もあります。

そして、同じディーラー(販売店)でクルマを購入することが必須なので、新車販売価格の調節も考慮されて最終額が決定されることが多いです。下取り車の社外部品の査定はほとんど期待はできないです。 中古車専門販売店で下取ってもらうときは、考え方としては買取専門店と同じです。

ただ大型買取専門チェーンほどのネットワークがない場合は、一定のオークション会場(地方など)での相場を標準価格という場合が大半なので、買取額に違いが見られることがあります。

「どちらがお得か?」

中古車の場合ではケースバイケースで、はっきりは断言できません。 ここまで引っ張って中途半端な答えで申し訳ないのですが、例えば、人気のある車においては下取りに出すより買取りの方が絶対有利です。

逆に不人気車においては下取りしてもらう方が基本的にはいいです。 ディーラー(販売店)での下取りは距離・年式・傷などで価格を提示します。買い取り店は上記に市場人気が考慮されます。

時々ディーラーで割高な金額で下取りするということがありますが、そういった時は自社で下取るという事はせず買取店に流すケースが大半です。

なお買取専門店に売る時の注意点は、高額での買取の前提条件としてすぐにクルマを渡さないといけないということです。なので、次のクルマが納車される迄の間、クルマがなくなってしまうわけです。

新車購入するならディーラーに相談してクルマが無くなる間、代わりのクルマを出させるようにして下さい。

 

買取に関する基礎知識

さて、当サイトでは車を買取してもらう際に最低限知っておいた方が良い知識を多数、解説しています。少しでも車を高く売りたいなと考えているなら必ず役に立つと思いますので参考にしてくださいね。

・・・・・・・・「手放す際に知っておくべき知識!」へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。