事故車を修理するか?買い替えるか?まずは買取店で査定!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事故車を買い替えるか、それとも修理して乗り続けるか?事故した時は結構悩むところですね。例えば車検を受けたばかりとか車に非常に愛着があるなど、心理的なものが作用した時は特に悩んでしまします。ここでは事故車を修理した場合、どうなるのか?ということを解説します。それらを理解することで、判断する基準が出来るかと思います。


dankichi2

 

修理したほうがいいのか?買い替えたほうがいいのか?

保険会社が支払ってくれる額と出費

クルマを買えば多くの方は、任意保険に入ります。 事故をすると、保険から保険金が払われますが、その上限金額はクルマの時価までです。

例えば、修理費が130万円必要になるとして、クルマの現在価値が100万円しかない場合は100万円迄しか保険金は支払われず、残り30万円は自腹ということになります。

この点は、相手の過失100%の交通事故でも、先方の保険会社の見積もりが100万円とすれば、100万円までしか支払われないです。

因みに、クルマの時価は、市場価値で決定されますが、新車で買ったとしても、 5年で新車の50%の価値、8~10年で値打は無 になると言われます。

その上、30万円を自腹で支出して修理するとしても、骨格(フレーム)に影響を与える事故であった場合、そのクルマには“事故歴(修復歴)”がついてしまうわけです。

『事故車(修復歴)の定義』

jikoshateigi

そして、数年後、乗り替えした場合、事故をしていないクルマよりも査定額は想像以上に下がってしまいます。ですので、自腹で支出をしたとしても、さあ売却しようとした際には、買い取り額は安くなってしまう事があり得ます。

なので、事故をした際に、買いかえるか否かは、あなたが「いくら出費をするか?」を決断の材料とするのがよいです。

その時点で考えるのは、 「保険会社がどの程度保険金を払ってくれるか?」「修理費用がいくら程かかるのか?(自腹を切るのか?)」「買い替えする場合の支出額」「事故したクルマは、いくら位で売れるのか?」

通常であれば、修理をやる方が、その場は安価だと思います。ですが、将来的に先を考えたときは、買替えた方がメリットが大きい可能性もあります。

修理した後のクルマの安全面は?

事故車は、修理をやっても事故より前の状態に回復しません。 例えば、全塗装しなければ、どんなに上手く塗装をしても色の相違は確実に見られます。

また、骨格部分(フレーム)が破損してしまえば、 クルマの強度は落ち、歪みも残ってしまうものです。そして、運転に何らかの悪影響を及ぼす可能性も高いです。

さらに、事故をやったクルマの修理は、整備士が先々を想定してパーツの修理や交換などをやってくれないと、その後に不具合が出ることもあり得ます。

そして、後々出て来る故障の修理は、自費になってしまいます。 このように、大きい事故をしたクルマだとすれば、 安全面で無事故車より劣ります。

また修理をしても、後々故障がでやすいため買替えか、修理を行うかで悩んだとしたら、ここも検討してくださいね。

事故車に対しての愛着度

事故をやって、買い替えをするか修理するかで考え込んだら、そのクルマにどのくらい愛着があるかも重要ですね。 そのクルマが絶版車で、「是が非でも乗り替えたくない、故障が発生しても修理して乗車し続ける」くらい愛着があれば、躊躇せず修理を行った方がいいです。

だが、それだけの愛着がない場合は、買替えまたは廃車をした方がいいかもしれません。 というのも、いくら修理をして綺麗に修復したとしても、クルマを見るたびに 「事故をしたクルマ・・・」「売るときに査定額が下がる・・・」とストレスになったり、後悔する事になるかも知れません。

結果的に、クルマに愛着がわかなくなり、取り扱いが雑になり運転が荒くなります。そして、事故を起こしやすくなる可能性もあります。

なので、買い替えるか修理をするかで迷ったら、「どの程度愛着度があるか?」ということも判断基準にしてください。

ここまでをまとめると、大きな事故をやると、買い替えるか修理をするかで悩む場合は、『金銭面・安全面・愛着度』 の3点を俯瞰して考慮し、あなたが最も納得できるものを選んでください。

まずは買取店で査定!?

dankichi7さて、上記では修理か買い替えかについて解説しました。いずれにしても、まずはあなたの現車の価値を買取専門店に査定して貰い知っておく方が良いと思います。

次のページでは事故車買取の基本的な知識として「事故車をどうするべきなのか?」を解説しています。今後、必要な知識かと思いますので、こちらも読んでおいてください。

 

・・・・・・・・「事故車は売れるのか?」へ⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。