廃車の流れを知る前に | 自動車のリサイクル法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
廃車する際に必ず耳にするのがリサイクル法という言葉。そこで、廃車と関係深いリサイクル法を理解しておくとスムーズに廃車も行えると思います。またリサイクル法は法律でもあるため基本的な部分から解説していきます。


dankichi9

車のリサイクル法とは

自動車リサイクル法とは2005年に地球の環境を壊さないように正しく廃車しようという法律です。このころからエコという言葉も聞くようになりました。

正しく廃車しようということでリサイクル法と廃車とは切っても切れない関係だということがわかりますね。つまり、リサイクル法を理解することは廃車のことも、より理解しやすくなります。

自動車リサイクル法の内容

そもそも車は、鉄やアルミニウムがほとんどのパーツで用いられているためリサイクル率は意外と高く、総重量の約20%を閉めるシュレッダーダスト(解体の時に発生する破砕くず)などが埋め立て処理されるだけでした。

ですが埋め立て処分空きスペースが無くなってきたことによって、クルマの不法投棄が懸念されるようになってきたのです。

しかも、カーエアコンにおいて使用されているフロン類は環境問題の点でクローズアップされ、エアバッグは処置方法を誤まると爆発のリスクもあります。

そこでシュレッダーダスト・フロン類・エアバッグをきちんと処理しようと、同法が施行されました。 これにより車のリサイクル法は、次の3点が大きな支柱となっています。

1:クルマメーカー・輸入専門業者は、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の回収作業・リサイクルが責務になっている。

2:その対処費用は、リサイクル料金として、クルマの所有者が受持こと。

3:このリサイクル料金は、廃車となるまで、資金管理法人(自動車リサイクル促進センター)が預かり、管理する。また、関連企業における廃車のリサイクルの実践状況などについては、情報管理センター(自動車リサイクル促進センター)がチェック・統括する。

新車・中古車を限定せず、クルマを購入する人はあわせてリサイクル料金を支払うことになります。中古車になって継続して所有者が変わったとしても、そのリサイクル料金は新しい所有者が払い続けることになります。

その時、前の所有者にはリサイクル料金分がキャッシュバックされる(たいていは買取の金額にその料金が含まれています)。更に最終的に廃車する人が、そのリサイクル料金を通じて廃車する、ということになります。

また同法に対して、廃車する場合には、都道府県知事または保健所設置市の登録を受けた引き取り専門業者のみに渡すことが義務づけられています。

ここを怠ると、永久抹消登録または解体届出に必要な引取証明書が発行されませんので注意してください。

リサイクル料金の中身とは?

リサイクル料金に含まれているのは「シュレッダーダスト(クルマの解体や破砕の後に残るゴミなど)・エアバッグ類・フロン類」の引き取り・リサイクルに関しての料金だけです。

これはクルマの総重量の約20%に過ぎず、残り80%は鉄やアルミニウムといった金属です。これらの金属はその後に販売(再利用)出来るから、専門業者としては処分の費用をかけても十分元が取れるのです。

そういうわけで廃車時にこの分の対処費用を請求されることはほとんど見られない。当然今後、金属の価格が急な落ち込みがあれば、別途請求されることは、確率としてはあります。

またクルマを積載車等で引き取ってもらう際の引き取り代金や、事務処理などの事務手数料なども、リサイクル料金には含んでいないです。

しかし、ここ数年は金属の価格が急騰しています。それらを背景に、廃車する車の所持者に対し代金を請求することはほとんどなくなってきているといって良いです。というより「廃車を買取りたい」という業者が増えているのが現状です。

・・・・・・・・次ページ「廃車に必要な書類とは」へ⇒

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。